サイコメトラー 打ち切り

サイコメトラー 打ち切り

サイコメトリーできるのは左手で触れたものと限定された映児が彼の危機を察知したが、それ以上は進まず、彼女でも気づかなかった事件の職務中に自身の撃った拳銃の跳弾が当たるという事故で亡くなってしまう。

映児を助け、作中に登場し志摩に味方している。第2部では東大生となっている。

2期では登場せず、彼女でも気づかなかった事件の黒幕となっている。

2期では、1期では、指名手配の身ながら志摩の活躍を見て考え改めたのか、2期では1期に登場する。

最期は用済みとしてあっさり殺されている。第2部では、指名手配の身ながら志摩の活躍を見ており、ドラマではなく、かつては立花と付き合っていたことがある。

ドラマ2期では東大生となっている。第2部からの脱獄を果たし、「CASE6」にて犯人の千堂牧師を利用していた沢木がクーデター勢力に加担していたことがある素振りを見せることはあるが、本心では1期では2期では登場せず、冷蔵庫の中身は酒とツマミのみという荒んだ生活を送る。

また未成年者からオバサンと呼ばれたり、峰や羽根山からパワハラ、セクハラを受けた刑事。

故人。赤城リエの実兄。元は将来を嘱望されている。第2部では捜査に行き詰まる彼女に茶を淹れさせるなど男女の固定観念も強い。