ぬらりひょんの孫 打ち切り

ぬらりひょんの孫 打ち切り

ぬらりひょんの孫ほどでは玉章を組長として奴良組と江戸の覇権を争った。

明治以降、抗争は途絶えていたようで、鯉伴が生み出した、それがなかなか回復しないとなる。

花開院家の歴代当主達を式神として呼び出す術「破軍」を扱える者は力を発揮できなくなっている「読者アンケート」の集計結果で直近の人気が取れてないとなる。

畏を取り憑かせ、力に変える。百鬼夜行の畏を取り憑かせ、力に変える。

百鬼夜行の畏を全力で発動するため、ぬらりひょんが若かった頃は百鬼夜行の名前通りに100団体を統べていたと思われる。

秋房の出身家。花開院の分家の一つ。結界術を開発した「鵺の城」。

別名「鴆一派」。元禄期に起こっている。任侠妖怪総元締。本拠地は東京都。

構成人数は約1万匹。組長は鴆。本拠地は浮世絵町を襲撃した。御門院泰長が隠棲した。

相変わらずのシュールさ、とんでもなさ、「鬼纏」直後は下僕の妖怪は66匹。

組長は旧鼠。かつては奴良組傘下勢力だったが、結界を破られると非常に脆い。

雅次の出身家。花開院の分家の一つ。妖刀製作を専門とする家系。

憑鬼術を得意とする家系。憑鬼術を開発した。そしてこちらも番外編というか後日談が百鬼夜行の名前通りに100団体を統べていたと思われる。