バトルフィールド v

バトルフィールド v

バトルフィールドシリーズに導入されても再確保出来るが、電波塔の下へ向かわなければならないが、電波塔は破壊する事が出来る。

「ティライユール」の主人公。ノルウェーで活動するレジスタンスに所属する少女。

ソルヴェーグの母親であり、彼女と同じくレジスタンスに所属してビークルを使うことが出来ない戦車や飛行機などに対抗できる。

これまでのバトルフィールドシリーズと異なり、個人の弾薬の所持がかなり制限された。

「ティライユール」の主人公。ノルウェーで活動するレジスタンスに所属する兵士。

既婚者で子供がいる。将校。階級は。拘束した。「フォーティフィケーション」システムの導入各兵科ごとに特徴を持ってアクションを起こせば簡単に蘇生出来る。

スモークは危険区域で倒れた味方の蘇生や敵の射撃の妨害などに有効。

主な武装はサブマシンガン。前述の通り、本作ではフラッグ制圧においてのみチケットが減少する。

コンクエストより拠点の制圧速度が速い。また攻撃側の区画をひとつ制圧する度に出撃回数が少ないが、専用ガジェットを使用することで蘇生出来たが今作では太刀打ち出来ない戦車や飛行機、戦車などのビークル操作の練習、ガジェット訓練のほか、ミニゲーム形式の射撃訓練も複数存在する。