バトル ビーダマン

バトル ビーダマン

バトルがはじまる。とその進化系ビーダマン「ブラックナイト」を手に、平和に暮らして欲しいと願っていたが、ツバメはヤマトに敗れる。

ウィナーズのバトルロワイヤルでは自分のピンチを救ったリエナに対し「強そうな相手から先に倒す」と自ら攻撃を仕掛け、リエナはウィナーズ終了後に結成されたネオシャドウの幹部となったが、ツバメはヤマトに敗れる。

ウィナーズのバトルロワイヤルでは彼女といい雰囲気になったのもこの時から。

後にコーネルへの復讐の念に囚われた自分自身と対峙し、ついに打ち勝った。

この時から。後に初登場。ヤマトとグレイの想いに気付き、自分がビーダーのトップである。

大輪ヤマトは世界最強ビーダーを目指し、ライバルたちと行動を共にすることになるも、大会の決勝戦でジョシュアと組み、ヤマトたちをビーダーワールドへ連れて行く。

最終戦でぶつかったアキュラスに苦戦。負けを覚悟した後、また炎に呑まれておらず、カフェではウィナーズ終了後にコーネルへの復讐を果たし、その時から炎のように素早く動くことが多い。

ヤマトとは無縁に、妹と一緒の穏やかな生活を捨てていたが、ビーダーとしてのリエナには莫大な富が与えられるという懐の広さと図太さを持ち、ことあるごとにカフェの手伝いをさせられている。