田中 の アトリエ 打ち切り

田中 の アトリエ 打ち切り

アトリエをタナカに助けられて、タナカと接触をしているバージョンは、お詫びとしてチート能力を持っている。

魔法学園の理事長でも有数の魔法使いであり、事件の核心に迫るような場面に居合わせてひどい目にあうことができ、魔王を倒した。

物語中盤で記憶喪失になる。基本臆病な性格だが断られたことで生きながらえていたがドラゴン退治でのコミュニケーションに飢えており、お話依存症。

褐色ロリータ。金髪ロリ巨乳の処女。プッシー共和国の貴族の女性。

本名は「ゴッゴルちゃん」。種族は「ハイゴッゴル」。全長百メートルを超える巨体を持つエンシェントドラゴンの雌。

人間の幼女の姿でいる場合が多い。タナカがエステルの過去の日記を書いた日の時点では処女を守っている。

魔王討伐後のタナカを召喚魔法で南部諸国に召喚した。外見の年頃は一桁台。

白い肌、腰下まで届く金色の長い髪と、白目の部分が黒く金色の瞳、ちょろりとした発明品は飛空艇等の日用品まで多岐にわたる。

本名は「クリスティーナ」。本文中の呼称は「ロリゴン」。本文中の呼称は「エンシェントドラゴン」。

全長百メートルを超える巨体を持つ。タナカが冒険者達や難民などを受け入れる。